Midori International

木製サンダル 子供 女の子 キッズシューズ "HITA GETA" 日本製"ピンクA"

$38

ブランド:日本のみどり帯芸術
生産国:日本製
素材:木/日本杉「HITAGETA」

サイズ:
・小:6.4インチ(16.5cm)/3〜4歳
・中:7 "(18cm)/5-6歳
・大きい:7.6 "(19.5cm)/7-8歳
・特大:8.2 "(21cm)/9-10歳

下駄「サンダル」
伝統的な下駄を着るときの重要な考慮事項は次のとおりです。

下駄「サンダル」は、実際の靴のサイズより少し短くして、かかとがサンダルの後ろから1〜1.5cm伸びるようにします。
日本の習慣によると、これはあなたがあなたの体重をあなたの足のボール(前)に移すことを奨励し、あなたのサンダルの中をより快適に歩くことを可能にします。
もちろん、自分で判断してください。しかし、何百年もの間、日本人はこの習慣を守り続けてきました。
ぜひお試しください...お願いします!!

「GETA」は日本のサンダルです。
1955年代には一般家庭の9割が下駄を履いていたと言われています。
日常生活に欠かせないものだったことがわかります。
道路や革靴の舗装が当たり前になるにつれ、日本人のライフスタイルは変わりました。
下駄の需要は大幅に減少しました。
しかし、和服を着るだけでなく、GETAにジーンズを合わせる新しいスタイルが確立されると、再び人気を博しました。
若い世代や海外からの需要が高まっています。
日本の伝統を大切にしながら、西洋のスタイルとの相性も考えています。
新製品を生み出している下駄の世界。
これからも注目していきたいのは日本文化と言えます。

「HITAGETA」の歴史
1830年から1844年にかけて大分県日田市で受け継がれてきた伝統です。
GETAの3つの主要な生産エリアの1つ。
人体や日本の環境を考えれば、現代の生活の中で衰えることのない知恵と技術がここにあります。
日本の熟練した下駄職人が、髭剃り、成形、塗装、完成までのすべてのプロセスを処理します。

あなたも好きかも

最近見た商品